慢性的な痛み

慢性的な痛み

腰痛は約 85%の割合で原因が分かっていません

腰痛は約 85%の割合で原因が分かっていません

原因がわかる腰痛を「特異的腰痛」、原因不明の腰痛を「非特異的腰痛」といいます。通常、 身体の痛みを調べる場合、レントゲン検査(X 線検査)がよく行われます。腰の痛みの原因が、 圧迫骨折や骨や関節の異常であれば、レントゲン検査で特定することができるためです。一 方、腰の痛みの原因の約85%を占める「非特異的腰痛」は、はっきりとした原因が分からない ことが多くどうしても薬に頼った治療になります。
職業別でみると看護や介護、清掃、運輸など身体的負担になる職種で腰痛が多いほか、デ スクワークでも 50%で腰痛があるとされます。腰に負担のかかる作業だけでなく、同じ姿勢が 続くことも腰痛の原因になります。

放置してはいけない腰痛とは?

放置してはいけない腰痛とは?

原因を特定できる「特異的腰痛」のうち、腰痛全体の約 2%は、内臓の病気による腰痛です。
内臓からの神経の多くは腰に伸びているため、慢性膵炎、腎盂腎炎、尿路結石、慢性の十二 指腸潰瘍、子宮内膜症などで腰痛が起こることがあります。また、腰痛全体の約 1%は、化膿 性脊椎炎、癌の骨への転移、背骨の圧迫骨折など、腰痛を起こす重い脊椎の病気が考えら れます。発生する症状と原因には次のようなモノがあります。

【安静にしていても痛みが引かない】
内臓や血管に病気の疑いがあります。背中から腰にかけての激痛が突然起こる、じっとし ているのに強く痛む場合は、大動脈解離も疑われます。
【足のしびれやマヒがある、失禁する】
脊椎神経に障害がある可能性が高いです。治療のタイミングを間違えると回復が遅れ、後 遺症が残る可能性も出てきます。
【熱がある】
体温が上昇する場合は、細菌感染が疑われます。
【痛みが酷くなる】
癌をはじめとする別の病気の併発が疑われます。

本当は怖い肩こり

本当は怖い肩こり

肩こりは、姿勢の崩れや一定の姿勢の保持、作業の繰り返しによって肩・背中などにある筋 肉が硬くなることで起こります。また、その部分の血流が悪くなるため、倦怠感や痛みなどの 症状が出るなど、他の部位にも影響を及ぼします。

肩や首の筋肉の緊張が酷くなると頭痛の症状を訴えるようになります。更には、自律神経 のバランスが乱れたり、血行不良で代謝が悪くなったりと、さまざまな原因が絡み合い、吐き 気を伴うようになります。

病院に言っても改善されないその腰痛や肩こり、
当院に相談してみませんか?

病院を受診したり、マッサージなどを受けたりしても改善されない腰痛や肩こり。当院では M 式トリプルアプローチを用いた施術を行うことで改善を目指します。

なぜ背骨に歪みがあると身体の機能が低下し、辛い症状につながるのでしょうか。その問 題は神経にあります。神経は基本的に脳と脊髄から、背骨の切れ目から対になって枝分か れしています。そして神経は、枝分かれした先の器官(心臓・血管・胃腸・筋肉・関節・目・耳・ 鼻・口・皮膚)に繋がります。身体が歪んでいると、この枝分かれの部分が圧迫され、脳から の命令を伝えたり、脳へ情報を送ったりする役割が邪魔されます。それにより、身体のさまざ まな機能低下に繋がります。

M 式トリプルアプローチはこうした身体の歪みを整え、姿勢を良くするための施術で す。症状を取り除くことを目的とするのではなく、健康な身体にすること、「自然治癒力」を活性 化させることを目的としています。

MENU

TOP