子供の姿勢改善指導

子供の姿勢改善指導

お子様の姿勢、気になりませんか?

お子様の姿勢、気になりませんか?

近年、スマートフォンや携帯ゲーム機などの普及により、子供たちにも、長時間座りっぱなし での「姿勢不良」が増えています。画面を長時間見続けると、顔を下に向けるために首や肩 の筋肉、背骨といった部位に負担がかかってしまいます。その結果、子供の身体に歪みがで きてしまい、痛みや姿勢の悪化といった症状につながります。

猫背によるデメリット

猫背によるデメリット

姿勢不良、猫背が引き起こすのは見た目の悪さだけではありません。
猫背では、口呼吸に なったり、肺に酸素をたくさん取り込めなかったり、内臓を圧迫したりと、直接的に身体に影響 を及ぼします。姿勢が悪いだけで腰痛・肩こり・頭痛・便秘・耳鳴り・不眠などさまざまな体調 不良を引き起こしてしまうのです。

また、子供のうちから姿勢が悪いと、大人の姿勢不良よりも更に深刻な影響を受けます。

【成長への悪影響】
姿勢不良は背骨や足の骨の健やかな成長に悪い影響を及ぼします。それにより、身長が 伸びにくくなったり、歪んだ形のまま骨格が成長するリスク繋がります。
【学力の低下】
一般的に、大人に比べ子供は集中力が続きません。また、姿勢が悪い場合、更に集中する ことが出来なくなります。これは、猫背になると肺が広がらなくなるため、大きく深い呼吸がで きません。その為、脳や体に十分な酸素がいきわたらなくなり、集中力が低下し学力も低下に つながってしまいます。
【運動によるケガ】
背中が丸まったような悪い姿勢では呼吸が浅くなってしまい、脳への血流が低下します。そ れにより、走る、投げる、蹴るなど、各関節の稼働域に制限がかかり、パフォーマンスの低下 やケガの原因になります。
【肥満】
姿勢が悪くなると、本来使うはずの腹筋や背筋(体幹を維持する筋肉)を使わないため代謝 が悪くなり、脂肪がついてしまいます。

子供のうちから正しい姿勢を覚えさせることが重要です。

子供のうちから正しい姿勢を覚えさせることが重要です。

子供の時期に身体のバランスをしっかり整えておくことが丈夫な身体作りの基礎となります。
一方で、子供の骨は成長段階のため大人の骨よりも柔らかく、歪みやすいという特徴があり ます。そのため、子供のころに猫背になってしまうと、大人になり骨がしっかり丈夫なものにな った際に歪んだまま固定されてしまい、元に戻りにくくなってしまいます。そのような理由から、 成人になってからの姿勢矯正は非常に難しいものがあります。

子供の姿勢が悪化してしまう原因として、子供が正しい姿勢について普段から教わっていな いということが挙げられます。正しい姿勢について周囲の大人がきちんと指導しなければ、子 供は姿勢を意識することがありません。その結果、楽な姿勢ばかりをとるようになってしまい、 姿勢が悪化することにつながります。

正しい姿勢を保つためには、身体を支える筋力が必要です。子供は身体を支えている筋肉 が未発達ですから、意識し続けないと正しい姿勢を維持することができません。スマートフォ ンや携帯ゲーム機などの普及、遊び場の減少で、積極的に外遊びをする子供は少なくなりま した。姿勢を良くするためには筋肉が必要ですが、運動不足による筋力の低下によって姿勢 が悪くなっているのが現状です。腰回りの筋肉を鍛えて、身体の中心である骨盤を支えられ るようにしましょう。日ごろから腹筋や背筋を鍛えておくことで、自然と正しい姿勢を保つことが できるようになります。

MENU

TOP